ニッポン元気の種 > 地域

地域

当ページは地域に関する事業の活性化を目的とした情報を掲示板スタイルで主催の方にご自由に投稿していただけるページです。
記事の内容につきましては、件名をクリックして詳細ページに表示されています情報提供者までお問い合せください。

こちらに情報を掲載されたい方は、新規投稿ボタンをクリックして新規投稿ページから掲載を行ってください。より多くの人に伝えたい情報、お知らせ、募集事項など掲示板スタイルで、ご自由に簡単に即座に投稿、掲載していただけます。是非皆様のご利用をお待ちしております。

ふるさと協力隊報告会 農村から発信!新しい暮らし未来のカタチ 

特定非営利活動法人地球緑化センター

1年間の農山村チャレンジ「緑のふるさと協力隊」。2016年4月に全国各地へ派遣された第23期隊員たちの活動報告会「エキサイト☆ふるさと2017」を開催します。
農山村で1年間どっぷりと暮らし活動した隊員たちのいきいきとした報告をベースに、展示やパネルディスカッションなどで農山村の今を見て・聞いて・感じられるイベント。農山村に興味を持っている人、生き方や進路を探している人、新しいことを探している人、大歓迎です!

 

列島ふるさと再生全国実行委員会事務局

列島ふるさと再生全国フォーラム2017
―見えてきた都市と農山漁村の連携と対流―

1960年代から顕著に見られた人口の流動化、都市化現象の進展、
とりわけ東京一極集中の現象により、
日本列島は過疎過密という大きな歪みを招くことになりました。
このような偏った日本列島のあり方を改善するため、
ふるさとの再生について意見交換しようと、
「列島ふるさと再生全国フォーラム」を開催します。
このフォーラムを通じて、地域と人、都市と農山漁村を結ぶ活動の輪が
いっそう広がることを期待しています。

 

公益社団法人 日本河川協会

当講演会は、川と人とのかかわり(河川文化)について様々な側面からの知識を習得すること、および川や水に関心のある方々の交流を深めることを目的として、日本河川協会が開催している講演会「河川文化を語る会」のひとつです。
講演と質疑および意見交換の時間を設けています。

今回のテーマは「未来への記憶を呼び覚ます・・・ 文画人・堤楢次郎が記録した大正・昭和の水都・大阪の眺めから」です。

12/3開催 一年間農山村ボランティア募集説明会 

特定非営利活動法人地球緑化センター

日本各地の田舎に一年間暮らし、農業の手伝いや地域行事への参加など地域密着型の活動に取り組む『緑のふるさと協力隊』。現在、2017年4月から活動する若者を募集しています。
これまで23年間で738名が参加したこのプログラム。募集説明会では、活動や現地生活などの説明に加え、中部地方在住のOBOGが来て体験談や経験を生かした進路や生き方について話してくれます。アットホームな雰囲気でやっていますので気軽にご参加ください。

 

特定非営利活動法人 地球緑化センター

日本各地の田舎に一年間暮らし、農業の手伝いや地域行事への参加など地域密着型の活動に取り組む『緑のふるさと協力隊』。現在、2017年4月から活動する若者を募集しています。
これまで23年間で738名が参加したこのプログラム。募集説明会では、活動や現地生活などの説明に加え、中部地方在住のOBOGが来て体験談や経験を生かした進路や生き方について話してくれます。アットホームな雰囲気でやっていますので気軽にご参加ください。

11/19開催 初心者OK!農山村ボランティア募集説明会 

特定非営利活動法人 地球緑化センター

日本各地の田舎に一年間暮らし、農業の手伝いや地域行事への参加など地域密着型の活動に取り組む『緑のふるさと協力隊』。現在、2017年4月から活動する若者を募集しています。
これまで23年間で738名が参加したこのプログラム。募集説明会では、活動や現地生活などの説明に加え、中部地方在住のOBOGが来て体験談や経験を生かした進路や生き方について話してくれます。アットホームな雰囲気でやっていますので気軽にご参加ください。

11/12開催 初心者OK!農山村ボランティア募集説明会 

特定非営利活動法人 地球緑化センター

日本各地の田舎に一年間暮らし、農業の手伝いや地域行事への参加など地域密着型の活動に取り組む『緑のふるさと協力隊』。現在、2017年4月から活動する若者を募集しています。
これまで23年間で738名が参加したこのプログラム。募集説明会では、活動や現地生活などの説明に加え、中部地方在住のOBOGが来て体験談や経験を生かした進路や生き方について話してくれます。アットホームな雰囲気でやっていますので気軽にご参加ください。

10/26開催 1年間農山村ボランティア募集説明会 

特定非営利活動法人 地球緑化センター

日本各地の田舎に一年間暮らし、農業の手伝いや地域行事への参加など地域密着型の活動に取り組む『緑のふるさと協力隊』。現在、2017年4月から活動する若者を募集しています。
これまで23年間で738名が参加したこのプログラム。募集説明会では、活動や現地生活などの説明に加え、中部地方在住のOBOGが来て体験談や経験を生かした進路や生き方について話してくれます。アットホームな雰囲気でやっていますので気軽にご参加ください。

12/10開催 1年間農山村ボランティア募集説明会 

特定非営利活動法人 地球緑化センター

日本各地の田舎に一年間暮らし、農業の手伝いや地域行事への参加など地域密着型の活動に取り組む『緑のふるさと協力隊』。現在、2017年4月から活動する若者を募集しています。
これまで23年間で738名が参加したこのプログラム。募集説明会では、活動や現地生活などの説明に加え、中部地方在住のOBOGが来て体験談や経験を生かした進路や生き方について話してくれます。アットホームな雰囲気でやっていますので気軽にご参加ください。

檜原村で薪づくり体験〜数馬の湯の薪をつくろう!〜 

檜原村薪づくりイベント事務局

数馬の湯では、村で作っている薪を使って
温泉のお湯をあたためています。
村で使うエネルギーを村の資源でまかなう、
環境にもやさしいエコな取り組みです。
身体を使って薪づくり体験をした後は、
数馬の湯の薪のお風呂でリラックス。
心にも身体にも環境にもやさしい
薪時間の流れる檜原村でゆったりとした一日を。

山里の自然と暮らし体験・夏 

NPO法人エコプラス

 2,000m級の山々に囲まれた山里で、深い自然と、その地に育まれた文化を体験します。地元の山伏たちの火渡り神事にも参加します。小学5年生から高校生が対象です。子どもゆめ基金の助成で参加しやすくなっています。

 

公益社団法人 日本河川協会

 河川文化(川と人とのかかわり)の様々なテーマについてゲストスピーカーの話を聞き、意見交換をする場を設けました。川や水に関するテーマを幅広く取り上げています。
 毎回、たくさんの方にご参加いただき、好評を得ています。

第133回環境サロン「在宅医の視点からみた住環境」 

一般社団法人環境情報科学センター

在宅医療を専門とする紅谷浩之氏を講師にお迎えし、在宅での暮らしを快適で幸せにするための住まいのあり方について
お話しいただきます。

 

アジア太平洋資料センター(PARC)

只今PARCでは雑誌『オルタ』最新刊の発送をお手伝いして頂ける方を 大募集しています。
ボランティアが初めての方、 NGO、NPOってどんなところだろうとちょっと気になる方、
1日だけ、数時間だけの短時間も大歓迎!
どなたでもできる簡単な作業ですので、様々な年代の方々にご参加いただいております。
美味しいオーガニック東ティモールフェアトレードコーヒー、スリランカの紅茶とおやつの時間もありますよ〜。

 

アジア太平洋資料センター(PARC)

只今PARCでは雑誌『オルタ』最新刊の発送をお手伝いして頂ける方を 大募集しています。

地域の安心安全を守る『オウルビュー』がテレビで紹介。 

神農流通株式会社

テレビ朝日『ワイド!スクランブル』の「防犯カメラ特集」にて、「オウルビュー」が“進化した防犯カメラ”として登場しました。LED照明と防犯カメラが一体化した「オウルビュー」は、「設置が簡単」「維持費軽減」「省エネ省スペース」なのに「高性能映像」「Wi-FiのON/OFF機能」「簡単映像取込み技術」「プライバシー保護対策」「GPS機能」など完備した、まさに進化した防犯カメラです。

youtubeで映像がご覧いただけます。
『オウルビュー』で検索するとトップ画面に出てきます。是非ご覧ください。

 

公益社団法人 日本河川協会

童話「ごんぎつね」の作者として知られる児童文学者、新美南吉は、愛知県の知多半島に生まれ育ちました。森、川、溜池、水田がセットになった谷地は、知多半島を代表する里山環境であり、多様な生物が生息すると同時に、人々の暮らしを支える場でもありました。故郷を舞台に庶民の暮らしの中から物語を紡いだ新美南吉の作品には、そうしたかつての知多半島の自然と人々との関わりが実によく描かれています。「ごんぎつね」をはじめとする様々な作品を通して、知多半島の里山の特徴に触れるとともに、現代にいたる変化の歴史もご紹介します。

環境サロン「地域経済活性化と愛媛県内子ワイナリーの取り組み」 

一般社団法人環境情報科学センター

愛媛県内子町でのワイン作りを通じた過疎農山村地域の再生の取り組みを取り上げます。

山里の焚き火カフェプラン 

株)生態計画研究所 早川事業所

 

南アルプスの山里でたき火を眺めながら時間を過ごしてみませんか?
火は森で集めた材料で起こします!
たき火ができたら、焼きリンゴや焼き芋、焼きマシュマロをお供にコーヒーやココアを飲みましょう♪

山のさわやかな空気の中で、たき火を囲んでのんびりしましょう。

早川四季めぐりプラン 福寿草咲く宿場町・赤沢 

(株)生態計画研究所 早川事業所

 

今回の四季めぐりの地は国の重要伝統的建造物群保存地区に指定されている早川町「赤沢」。
古くは日蓮宗の霊山・七面山への参詣の宿場町として栄えました。
当時の面影が残る山間の宿場町をガイドと一緒に散策しませんか。休憩時には宿の駅・清水屋に立ち寄ります。
春の訪れを告げる赤沢集落の花「福寿草(フクジュソウ)」も楽しみます。